• Yoshi

アフターコロナを考える Vol2

最終更新: 5月4日


緊急事態宣言が解除された後、レストランはどの様に回復していくのかを考える。

接触の8割を削減するという政府の方針の基、軒並み 売上が前年20% もしくは休業という中で、今できる事は、勿論テイクアウトの強化や時短営業という限られた事かも知れないが それでは、宣言が解除された後はどうでしょうか、客足が100%にすぐに回復するかというと、世間の雇用の問題や、世帯収入の問題から考えるとあまり想像がつかない。


では、


営業再開後、すぐに直面する問題が 【売上にあった労働シフトが組めない。】という

店長泣かせの問題が発生するだろう。日/20万円の売上があったメニューが、日/10万に落ちた営業というのは、当然スタッフの人数も減らさなければならない。という事は、少人数でオペレーションできる 運営内容に切り替える必要が出てくる。


当然、コロナウィルス前のメニューでは アフターコロナは闘う事は容易ではない。


メニューを絞り、本当にお客様に求められるNO1メニューの開発と、

それを、売り込むメニューデザイン戦略が求められてくる。


今やらないといけない事は、

テイクアウトメニューの強化も、必要だが アフターコロナの営業開始を見据えた

メニュー戦略も必要とされる。


同時に、価格競争が必ず発生し、サービス合戦も始まる。

他店のリサーチ、他店に負けない対策を立てるというのも忘れてはいけない。




















6回の閲覧

​株式会社3S企画研究所

​663-8141兵庫県西宮市高須町2丁目1-31-604号

​お問い合わせ 0798-27-5884

レストラン応援、デザイン制作、飲食テレワーク

nta01.gif
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook
  • Instagram

飲食店応援、アフターコロナ、メニュー企画 はお任せください。

Copyright​©2019  by  3splanninglaboratory co.,ltd.